7. VMWare Player/外付け USB HDD のマウント

 
7.1 USB ドライバのダウンロード
7.2 USB ドライバのインストール
7.3 マウント

7.1 USB ドライバのダウンロード

 ホストに USB で接続している、外付け HDD をマウントするには、次項で説明している手順のみでよいのですが。  USB3.0 で接続するディスクの場合、ゲスト側の OS によっては。  例えば Windows Server 2008 R2 では、ゲスト側に USB のドライバをインストールする必要があります。  仮想マシンの設定で USB3.0 を有効にする箇所に

 ダウンロードサイトへのリンクがありますので、インターネットに接続している環境であれば、そこからダウンロードします。

7.2 USB ドライバのインストール

 ダウンロードしてきたファイルは 2017年6月2日現在「USB_3.0_Driver_4.0.6.60」という名の zip 形式の圧縮ファイルになっています。  解凍してできた「Setup.exe」をダブルクリック  「次へ」

 「はい」


 「次へ」


 「次へ」


 「完了」でゲストを再起動します。


 再起動後には USB 3.0 で接続しているディスクを認識できるようになります。

7.3 マウント

 ゲスト側で認識できるようになっていればあとは簡単  VMWare のメニューから  「取り外し可能デバイス」からデバイスをたどって「接続(ホストから切断)」でゲスト側に接続できます。

 ゲスト側に接続した場合、そのドライブはホスト側からは見えなくなるのでご注意ください。