1.5 VMWare Player/CentOS 6.8 への VMWare Tools のインストール

 
1.5.1 能書き
1.5.2 ディスクのマウント

1.5.1 能書き

 実際に試してみたのは、CentOS 6.8 ですが、Linux でデスクトップ環境をインストールしているのであれば、一般的にこの方法でうまくいくかと思います。  Perl のインストールは必須です。  以下、root ユーザで実行しています。

1.5.2 ディスクのマウント

 ログインした状態で  「Player」→「管理」→「VMWare Tools のインストール」

 デフォルトでインストールしていれば、オートマウントされて、ファイルブラウザが開きます。
 ファイルブラウザの方は閉じて構いません。


 ゲスト側で


 端末内で


> cd /tmp
> tar zxpf /media/VMWare\ Tools/VMwareTools-x.x.x-yyyy.tar.gz
> cd vmware-tools-distrib/
> ./vmware-install.pl
 tar が終わった時点で、ディスクはアンマウントしておきます。  ./vmware-install.pl 以降、問い合わせしてきますが、よくわからなければひたすら [Enter] のみを押し続けます。  (実は、ゲスト側で仮想化が起動するようですがこれはまた別途止めればよいかと・・・)