5. Eclipse - トラブルシュート - 4.7.1a Oxgen が機動できなかった

 
5.1 概要
5.2 対処

5.1 概要

 4.7 Oxygen を使用していたのですが  2017年10月に 4.7 Oxygen に関して、マルウェアに関する注意喚起が。  「Eclipse プラグイン日本語化プラグイン」では『バージョン 4.7.1a.v20171012 で Eclipse Class Decompiler プラグインは Enhanced Class Decompiler に変更されました。使用している Pleiades All in One のバージョンが 4.7.0.v20170628 または 4.7.1a.v20171011 の場合は同プラグインにマルウェアが含まれている可能性があるため、dropins の EclipseClassDecompiler ディレクトリを削除するか、Pleiades All in One を 4.7.1a.v20171012 以降にバージョンアップすることを強く推奨します。』と記述されています。  とあったので、あわくって、4.7.1a Oxygen をダウンロードしなおして起動したら

 あわわ、初めての経験であせりました。

5.2 対処

 4.7 Oxygen の一式をまだ削除していなかったので、見比べてわかりました。  ダウンロードしたものが JRE をバンドルしたものではなかったようです
... eclipse\jre
 がないために起動できなかったので、4.7 Oxygen の方からまるまるコピーしてきて起動できるようになりました。