Eclipse - ワークスペース操作 - 起動時の設定・履歴操作

 
1. 起動時の設定
2. 履歴の数を増やす
3. 履歴を削除する

1. 起動時の設定

 起動時に毎回、以下の画面が出てくるのが嫌な場合は「この選択を...」にチェックを入れます。
Eclipse -「Eclipse ランチャー」-「ワークスペースとしてのディレクトリ選択」

 元に戻すには
 上の設定を行うと
 「ウィンドウ」→「設定」→「一般」→「起動およびシャットダウン」→「ワークスペース」
 「始動時にワークスペースをプロンプト」のチェックがはずれていますのでチェックをいれます。

Eclipse -「設定」-「一般」-「起動およびシャットダウン」-「ワークスペース」

2. 履歴の数を増やす

 「ウィンドウ」→「設定」→「一般」→「起動およびシャットダウン」→「ワークスペース」  つまり上記の画面で  「記憶する最近使ったワークスペースの数」を変更

3. 履歴を削除する

 「ウィンドウ」→「設定」  「一般」→「開始およびシャットダウン」→「ワークスペース」  削除したいワークスペースを選択して「除去」で履歴から削除することができます。
Eclipse -「設定」-「一般」-「起動およびシャットダウン」-「ワークスペース」始動時にワークスペースをプロンプト

 
 
カウンタバックグラウンド