2. Eclipse - 文字コード関連 - 文字コードの一括変換

 
2.1 プラグインの取得
2.2 インストール
2.3 使用方法

2.1 プラグインの取得

 「CharsetConv」というプラグインがあります。  ダウンロードサイト
PowerDBJ Eclipse Plugin

2.2 インストール

 ダウンロードしたものを解凍して、「pluginsplugins」配下にあるファイルをそのまま「Eclipse/plugins」にコピーします。  もし Eclipse を起動中であれば再起動します。  上記の方法でうまく認識されないことがあります。わたしは「CentOS 6.8」へのインストールの際にそういう現象に陥りました。  そういう際は「Eclipse/plugins」でなく「Eclipse/dropins」というフォルダに(なければ作成して)、「PowerDBJ Eclipse Plugin」の「plugins」配下をコピーします。

2.3 使用方法

 ファイルまたはフォルダを右クリックして「文字コード変換」

 おそらく多くの場合は「Shift-JIS」または「EUC-JP」から「UTF-8」への変換ではないかと思います。
 「変換前文字コード」選択 (文字コードが合致すればプレビューの画面に正常に表示されます)
 「変換後文字コード」選択
 「OK」



 これで文字コードが変換されているはずです。