Eclipse - エディタ関連 - テンプレート変数

 
1. 概要
2. テンプレート変数
3. 日付の書式を変更する

1. 概要

 本節の中で「単語を追加」したり「author を変更」したりするときに出現している、テンプレート変数。  これはうまく使いこなすと、コーディングが楽になります。  本項は、本家 巨人 IBM の「IBM Knowledge Center - Java エディター・テンプレート変数」の転載になります。

2. テンプレート変数

 わたしは、Java を知らないので、ここで紹介するのは一般テンプレート変数といいます。
変数 意味
${cursor} テンプレート編集モードを離れるときのカーソル位置を指定します。 これは、テンプレート編集モードを離れるときに、テンプレートの終わりではなく、別の場所にカーソルをジャンプする場合に便利です。
${date} 評価の結果は、現在日付になります。
${dollar} 評価の結果は、ドル記号 $ になります。代わりに、2 つのドル記号 $$ を使用することができます。
${enclosing_method} 評価の結果は、エンクロージング・メソッドの名前になります。
${enclosing_method_arguments} 評価の結果は、エンクロージング・メソッドの引数名のコンマで区切られたリストになります。この変数は、多くのメソッドにログ・ステートメントを生成するときに役立ちます。
${enclosing_package} 評価の結果は、エンクロージング・パッケージの名前になります。
${enclosing_project} 評価の結果は、エンクロージング・プロジェクトの名前になります。
${enclosing_type} 評価の結果は、エンクロージング型名になります。
${file} 評価の結果は、ファイル名になります。
${line_selection} 評価の結果は、現在選択されているすべての行のコンテンツになります。
${primary_type_name} 評価の結果は、現行コンパイル単位の名前の 1 次型になります。
${return_type} 評価の結果は、エンクロージング・メソッドの戻りの型になります。
${time} 評価の結果は、現在時刻になります。
${user} 評価の結果は、ユーザー名になります。
${word_selection} 評価の結果は、現在のテキスト選択のコンテンツになります。
${year} 評価の結果は、現在の年になります。

 実は、理解していない内容が多々あります。
 理解できた際には、書き足していきたいと思います。

3. 日付の書式を変更する

 このサイトでは記述した日付を入力することが多くて(こんな感じ → 2018年11月07日)。  いちいち入力するのが面倒になってきました。  テンプレートに入れたのはいいのですが。  テンプレートへの入力方法は、本節の「単語を追加する」の項を参照。

${date}
 というテンプレート変数を適用すると「2018/11/07」ってなっちゃうんだなぁ。  これを「2018年11月07日」にできないものか・・・。  検索して「eclipseの自動コード生成について -お世話になります。eclipseツールバ- Java | 教えて!goo」では断念しているようで・・・。  あきらめずに検索して「How to set the Eclipse date variable format? - Stack Overflow」でヒントを得ることができました。  テンプレート変数の ${date} を

${d:date(yyyy年MM月dd日)}
 という書式に変えてやります。  この書式については、こうしたら、思い通りになるということを実現しているところまでで、まだ調べきっていません(2018年11月07日)。