Eclipse - エディタ関連 - 正規表現による置換

 クラウディア
1. 概要
2. 正規表現による置換
3. さらに

1. 概要

 何がしたかったかと、言いますと・・・じゃ。  本サイトの記述で、もともと

<a href="#1.1"><dt>1.1 概要		</dt></a>
<a href="#1.2"><dt>1.2 項目		</dt></a>

・・・

<h4 id="1.1">1.1 概要</h4>

<h4 id="1.2">1.2 概要</h4>
 と書いていたものを。  章立て、といいますか項立てを変えて

<a href="#1."><dt>1. 概要		</dt></a>
<a href="#2."><dt>2. 項目		</dt></a>

・・・

<h4 id="1.">1. 概要</h4>

<h4 id="2.">2. 概要</h4>
 と変えたいとき、「Eclipse」の置換で
「Eclipse」-「べたな置換」

 てなことをやって

 「1.1」→「1.」、「1.2」→「2.」みたいなことを、延々とやっていたのですが。

 まぁ、らちがあきませんわな。
 馬鹿なもんだから、こんなのをずっとやっておったが、正規表現を使えば、うまいこといくんじゃないかとうすうすは、思っていたのですが・・・。

 「正規表現における $1 を使った部分置換の方法 | UX MILK」を参考にして、やっとできるようになりました。

2. 正規表現による置換

 ずばり、言えば、こんな感じ。
「Eclipse」-「正規表現よる置換」

 「()」で囲んだものは、置換先で「$1」という風に、引数として使えるんですな。

 そうすることで、一連のものを、一回の置換で、置き換えることができるようになりました。

3. さらに

 前項のままであると、ここでは、「FreeBSD 12.1 RELEASE」みたいな表現がありますのでな・・・。  これがひっかかると「FreeSD 11. RLEASE」になっちゃいます。  例題でいうと、「#」「>」「"」のいずれかで始まるってことになりますので、引数を2つにして
「Eclipse」-「正規表現よる置換」「さらに」

 てな感じで、うまくいきそうです。

 テキストで残しておきますが。

 検索文字列が


([\#|\>|\"])[0-9]\.([1-9])
 置換文字列が

$1$2\.
 です。
JETBOY
 
 
カウンタバックグラウンド