Thunderbird - SSL で接続する

 
1. 概要
2. メールアカウントの作成

1. 概要

 メールで使用するポート番号は、もともと

smtp             25/tcp    mail         #Simple Mail Transfer
pop3            110/tcp    #Post Office Protocol - Version 3
 だったのですが、平文のままパスワード等が送られてしまうので、SSL を使用することが多くなりました。  SSL で使用するポート番号は

smtps           465/tcp    #smtp protocol over TLS/SSL (was ssmtp)
pop3s           995/tcp    spop3        # pop3 protocol over TLS/SSL
 になります。  ThunderbirdSSL を使用する方法を紹介します。

2. メールアカウントの作成

 SSL メールサーバのメールアカウントを作成するには  「ツール」→「アカウント設定」

 「アカウント操作」→「メールアカウントを追加」


 メールに表示する「名前」を入力
 「メールアドレス」を入力
 「パスワード」を入力して
 「続ける」



 「メールアカウント設定」ダイアログで

 「受信サーバー」を設定します。
 [POP3] を選択して「サーバーのホスト名」を入力します。
 [SSL][SSL/TLS] を選択します。ポート番号が自動的に 995 になるはずです。
 「認証方式」はサーバの管理者に問い合わせて設定します。

 「送信サーバー」を設定します。
 「サーバーのホスト名」を入力します。
 [SSL][SSL/TLS] を選択します。ポート番号が自動的に 465 になるはずです。
 「認証方式」はサーバの管理者に問い合わせて設定します。

 「完了」


 警告が出るかもしれませんが、信頼できるサイトであれば
 「セキュリティ例外を承認」


 [OK]


 自分のメールアドレスにメールを創始にしてみます。

 エラーになるかもしれません。
 [OK]


 警告が出る場合は、これも信頼できるサイトであれば
 「セキュリティ例外を承認」


 これで SSL による送受信が行えるはずです。