ブラウザ - Vivaldi - ショートカットキー

 
1. 概要
2. ショートカットキーの割り当てを編集
3. 既に割り当てられている場合
4. 現在のわたしのショートカットキー

1. 概要

 Vivaldi には、他のブラウザと同様、あらかじめショートカットキーの割り当てがあります。  ありがたいのは、デフォルトでショートカットキーの割り当てをしたり変更する機能がついていることです。

2. ショートカットキーの割り当てを編集

 「ツール」→「設定」  「キーボード」タブ  下部に機能ごとにショートカットキーの一覧があります。
Vivaldi設定:キーボード画面

 設定されているショートカットキーを表示するだけでなく。
 必要とされる可能性のあるものは器が用意されていて、入力欄をクリックして割り当てたいキーを入力するとそのキーをショートカットキーとして適用することができます。

Vivaldi設定:キーボード画面 ショートカットキー設定例

 Print のようにフックされているキーはショットカットキーとして割り当てることはできません。

3. 既に割り当てられている場合

 割り当てようとしたキーが既に他の機能に割り当てられている場合「(キー名)は既に「機能名」に割り当てられています」というメッセージが表示されて割り当てることができません。
Vivaldi設定:キーボード画面 ショートカットキー既に割り当て済の例

 こういう場合は、他のキーを割り当てるか。
 既割当の機能が必要ない場合はそのショートカットキーの定義を削除して新たにショートカットキーを割り当てます。

4. 現在のわたしのショートカットキー

 以下、現在わたしの設定しているショートカットキーのメモなので、何の役にもたちませんぜ。
分類 機能 キー割り当て デフォルト
表示 パネルを表示/非表示 F4
ページ ページ最上部へスクロール Ctrl+Home
ホームページへ移動 Alt+Home
タブ 次(右)のタブ Ctrl+PageDown
前(左)のタブ Ctrl+PageUp

 デフォルトに○がついているのは、デフォルトで設定されているキー。
 ◎がついているのは、デフォルトで設定されているキーで変更できないもの。