ブラウザ - Vivaldi- キャッシュ - キャッシュフォルダを ramdisk に割り当てる

 
1. 概要
2. キャッシュフォルダを ramdisk に割り当てる

1. 概要

 「歌うキツネ : Vivaldiのキャッシュ(一時ファイル)の保存場所を移動する」にキャッシュのフォルダを変更する方法がありました。  本項は上記のサイトを参考にさせていただきました。  キャッシュのフォルダを ramdisk 上のフォルダに割り当てることで以下2点の利点がありそうです。 ・無駄にキャッシュが肥大するのを防ぐ ・キャッシュへのアクセス速度を増してパフォーマンスをよくする  2点目がどうなるのかが気になるところです。  Firefox が重くなったので Vivaldi に切り替えたのですが、これでもっと速くなれば嬉しいのですが・・・。

2. キャッシュフォルダを ramdisk に割り当てる

 ramdisk の作成方法は「ドライブ・ストレージ関連 - RAM をドライブ化 QILING Disk Master」に記載してありますので、そちらでどうぞ。  ramdisk をわたしの環境では Y ドライブに割り当てていますので、Y ドライブにキャッシュ用のフォルダを作成します。

Y:¥VivaldiCache
 スタートアップフォルダ(わたしの場合は 「C:¥Users¥ユーザ名¥AppData¥Roaming¥Microsoft¥Windows¥Start Menu¥Programs」)の  Vivalidi のショートカットを右クリックして  「プロパティ」
エクスプローラー - スタートメニュー - Vivaldi ショートカット右クリックメニュー

 リンク先が


C:¥Users¥ユーザ名¥AppData¥Local¥Vivaldi¥Application¥vivaldi.exe
 となっているかと思います。  半角スペースを空けて「-disk-cache-dir="Y:¥VivalidiCache"」(ドライブとフォルダは環境に合わせます)といれます。

C:¥Users¥ユーザ名¥AppData¥Local¥Vivaldi¥Application¥vivaldi.exe -disk-cache-dir="Y:¥VivaldiCache"
 次回の起動時より、キャッシュフォルダに上記で設定した領域が割り当てられます。  実感では、爆速とはいきませんでしたが、若干速くなったような気がします。