サクラエディタ - 排他制御

 
1. 排他制御

1. 排他制御

 サクラエディタはデフォルトで排他制御を行っています。  排他していると、アプリケーションで出力しているログファイルをサクラエディタで参照中に、アプリケーションが新たなログを出力しようとするとアプリケーションがこけたりします。  これを防ぐには  「設定」→「共通設定」

 「ファイル」タブで
 「排他制御」「上書きを禁止する」を「しない」にします。


 この状態のままであると、ファイルが他のアプリケーションから更新されるとその都度、以下のようなダイアログが表示されます。


 このダイアログを表示しないようにするには、先ほどの「ファイル」タブで
 「更新の監視」のチェックを外します。