Tera Term - インストール

 クラウディア
1. インストール

1. インストール

 以下の画像はバージョン 4.98 インストール時のものです。  インストーラを起動するとインストール時に使用する言語選択画面になります。  「日本語」を選択して  [OK]
「Tera Term」-「セットアップに使用する言語の選択」

 「同意する」をチェックして
 「次へ」

「Tera Term」-「使用許諾契約書の同意」

 「次へ」

「Tera Term」-「インストール先の指定」

 インストール済のマシンに新規のバージョンをインストールする際は以下のダイアログが表示されます。
 「はい」

「Tera Term」-「フォルダ」

 インストールするコンポーネントを選択します。
 [Tera Term & Macro] は最小限の構成なのでチェックがはずせません。
 [TTSSH] は「SSH」で接続するのに必須ですからこれは絶対にチェックします。
 [Tera Term Menu] とても使い勝手が良いので、チェックしておくことをおすすめします。
 あとはお好みで・・・。デフォルトでチェックが入っているものをはずすこともないかと思います。

 チェックが終了したら「次へ」

「Tera Term」-「コンポーネントの選択」

 ユーザインタフェース用の言語選択になります。
 日本語を選択したいところですが、[Tera Term] の日本語フォントがぶさいくなので、英語を選択するようにしています。

 ユーザインタフェース上の英語なら英語文盲なわたしでも理解できるレベルです。

 「次へ」

「Tera Term」-「言語の選択」

 「次へ」

「Tera Term」-「プログラムグループの指定」

 デスクトップやクイック起動にショートカットをつくるなり、関連付けを有効にするなりそのあたりはお好みで
 頻繁に使用するのであれば「スタートアップに TeraTerm Menu のショートカットを作る」はチェックをいれておいた方が便利です。

 「次へ」

「Tera Term」-「追加タスクの選択」

 「インストール」

「Tera Term」-「インストール準備完了」

「Tera Term」-「インストール状況」

 インストール済のマシンに新規のバージョンをインストールする際は以下のダイアログが表示されたりします。

 前の設定を残すのであれば「無視」
 削除するのであれば書き込み権限をつけて「再試行」

「Tera Term」-「エラーが発生しました」

 「完了」

「Tera Term」-「セットアップウィザードの完了」

Gigabyte Push ギガバイトプシュKiPuRu
 
 
カウンタバックグラウンド