vim - 自前の構成を作成する

 
1. どこに作成したものか・・・
2. runtimepath
3. カラースキームの設定

1. どこに作成したものか・・・

 表題の通り、自前の構成を vimrc 以外を含めて一通り作りたいと思ったものの、はてどこに作成したものか・・・。  ~/.vim... というディレクトリを作成してもいいのですが、それだと結局、1ユーザ用の定義になってしまいますので・・・。  思案のあげく
/usr/local/etc/vim
 にすることにしました。  もともとあるものだし、結局ここの vimrc を編集するのですから・・・。

2. runtimepath

 vim には runtimepath という変数があり、この変数が vim のパスを定義しています。  コマンドラインで

:set runtimepath
 で現在の設定を見ることができます。(run までで補完可能)  FreeBSD 11.1 RELEASE 上の vim 8.0 では、デフォルトの状態は、以下のようになっています。

runtimepath=~/.vim,/usr/local/share/vim/vimfiles,/usr/local/share/vim/vim80,/usr/local/share/vim/vimfiles/after,~/.vim/after
 vim の起動時に設定を読み込ませるように ~/.cshrc に以下の記述を加えます。(bash の場合は bash の初期設定ファイルに bash の文法で)

alias vim	vim -u /usr/local/etc/vim/vimrc
/usr/local/etc/vim/vimrc
 に以下の行を加えます。

set runtimepath+=/usr/local/etc/vim/

3. カラースキームの設定

 /usr/local/share/vim/vim80/colors/mine.vim に自前のカラースキームを作成していた場合は、自前の構成の方へ持ってきます。

> mkdir -pv /usr/local/etc/vim/colors
> cp /usr/local/share/vim/vim80/colors/mine.vim /usr/local/etc/vim/colors/.