vim - 設定ファイルを読み込ませる

 
1. 概要
2. 起動後に設定ファイルを読み込ませる
3. 起動時に設定ファイルを読み込ませる
4. 注意

1. 概要

 どういう状況にあるかと言うと。  システムの設定ファイルは全体に影響があるのでいじれない。  共有マシンに同じユーザでログインするため、~/.vimrc をいじることもできない。  しかし、個人の設定ファイルを読み込ませて自分独自の設定を使いたい。  こういうときの話です。  仮に、設定ファイルを

/tmp/work/vimrc
 という場所に置いているとします。

2. 起動後に設定ファイルを読み込ませる

 vim を動作させている状態で読み込ませるには、コマンドラインで

:source /tmp/work/vimrc
 soucesou と打って TAB で、単語補完が効きます。

3. 起動時に設定ファイルを読み込ませる

 起動時に設定ファイルを読み込ませるには

> vim -u /tmp/work/vimrc 編集ファイル名

4. 注意

 ただし、これ注意しないと、わたしは CenrOS 6.8 の環境でこれをやったら

/etc/vimrc
 の設定がすべてご破算になってしまいました。  結局

> cp /etc/vimrc /tmp/work/vimrc
 してから作り直すことになりました。