5. vim - 現在の状態を表示する

 
5.1 概要
5.2 変数の状態を表示する
5.3 オプションの状態を表示する

5.1 概要

 機能がいっぱい増えているということは、設定内容も増えているわけで。  どういう設定をしているのか使用していても把握できないことが多々あります。  設定状態を表示することができるようで。  この記事は「現在の設定を出力する - 名無しの vim 使い」を参考にさせていただきました。  自分の設定状態をさらしても vim に関しては、恥はかいてもセキュリティ上の問題はなさそうなので、実際の表示内容も同時に掲載してみます。

5.2 変数の状態を表示する


:let
syntax_on             #1
matchparen_timeout    #300
loaded_getscriptPlugin  v36
matchparen_insert_timeout #60
is_posix              #1
loaded_zipPlugin       v28
did_load_filetypes    #1
loaded_netrwPlugin     v156
loaded_logiPat         v4
loaded_rrhelper       #1
colors_name            default
loaded_spellfile_plugin #1
c_comment_strings     #1
did_indent_on         #1
loaded_gzip           #1
zipPlugin_ext          *.apk,*.celzip,*.crtx,*.docm,*.docx,*.dotm,*.dotx,*.ear,*.epub,*.gcsx,*.glox,*.gqsx,*.ja,*.jar,*.kmz,*.oxt,
*.potm,*.potx,*.ppam,*.ppsm,*.ppsx,*.pptm,*.pptx,*.sldx,*.thmx,*.vdw,*.war,*.wsz,*.xap,*.xlam,*.xlam,*.xlsb,*.xlsm,*.xlsx,*.xltm,*
.xltx,*.xpi,*.zip
loaded_tarPlugin       v29
loaded_2html_plugin    vim7.4_v2
loaded_vimballPlugin   v37
loaded_matchparen     #1
did_load_ftplugin     #1
ft_ignore_pat          \.\(Z\|gz\|bz2\|zip\|tgz\)$
b:current_syntax       csh
b:undo_ftplugin        setlocal commentstring< formatoptions< | unlet! b:match_words b:browsefilter
b:changedtick         #3
b:did_ftplugin        #1
v:beval_winid         #0
v:version             #800
v:t_list              #3
v:beval_winnr         #0
v:errors              []
v:lnum                #0
-- 継続 --
 現在のカラースキームは 12行目に表示されています。

5.3 オプションの状態を表示する


:set
--- オプション ---
	ambiwidth=double	filetype=vim	hlsearch	ruler		syntax=vim	ttymouse=sgr
	background=dark		helplang=ja		nomodeline	scroll=17	ttyfast		t_Co=256
	backspace=indent,eol,start
	fileencoding=utf-8
	fileencodings=ucs-bom,utf-8,latin1
続けるにはENTERを押すかコマンドを入力してください