vim - 概要・モード・コマンド補完

 
1. 概要
2. モード
3. コマンド補完

1. 能書き

 結構長年(20年くらいかしら)、vim を使ってきたのですが・・・。  ずっと vim は vi で漢字が使えないので、漢字を使うときの vi の補完として使ってきたのです・・・。  しかし、改めてあれこれをしらべてみると、実は vim はシンタックスハイライトが使えて、ばっきばきにカスタマイズできる優れたエディタだったのです。  こいつは使いこなさないと損ですぜ。  vi、はテキストエディタです。  概略は以下をご参照ください。
ウィキペディア - vim」
「ウィキペディア - テキストエディタ
 日本語ドキュメントはこちら
vim-jp - Vim日本語ドキュメント
 「覚えておきたい Vim コマンド 備忘録」もまとめられていて読みやすいです。  この項、Unix 系のユーティリティというカテゴリなんですが、今や Vim は、Windows 用もあるんですってね。びっくりです。  わたしも最近(2018年2月)は、vi を alias で vim に置き換えたりしていますが・・・。  まぁ vi はなくならんですよ、シングルユーザモードで実行するときの最後の砦ですから。

2. モード

 モードの説明(ほぼ、ウィキペディアのぱくり)追而書
モード 開始 復帰 分類概要
ノーマル
ビジュアル v
V
Ctrl+V
gv
Ex Q vi 通常のコマンドモードは、入力後、ノーマルに戻るがこのモードはコマンドラインに留まる

3. コマンド補完

 後々、たくさんでてきますが、コマンドモードで

:colo
 やら

:set filet
 と打ったところで TAB を打つと、コマンドが補完されます。  例のそれぞれでいうと

:colorscheme

:set filetype
 と補完してくれます。