cppcheck - チェックしたくないディレクトリを除外

 
1. バージョン 1.81 ではうまくいってなかったのだ
2. バージョン 1.85 ではうまく設定できました

1. バージョン 1.81 ではうまくいってなかったのだ

 どっかに操作ミスがあったのかもしれませんが・・・。  チェック対象のディレクトリツリーのルートが「/usr/local/project/source」であるとして、試験用のツールみたいなもののソースが「/usr/local/project/source/tool」にあるとします。  このような場合「/usr/local/project/source」をチェック対象のルートとするのだけれども  「/usr/local/project/source/tool」はチェック対象から除外したいわけです。  「/usr/local/project/source」をチェック対象としている cppCheck のドキュメントがあるとして、それを開いた状態で  「ファイル」→「プロジェクトの編集」
cppcheck - Windows 版 - メインメニュー - ファイル - プロジェクトの編集

 「除外する」タブで「追加」

cppcheck - Windows 版 - プロジェクトの編集ダイアログ - 除外する タブ

 フォルダ選択ダイアログが表示されますので「/usr/local/project/source/tool」

 ってやってみたけど、除外されませんでした・・・?

2. バージョン 1.85 ではうまく設定できました

 これが、バージョン 1.85 ではうまく設定できました。  少し、ダイアログの構成が変わっているので再掲。  「ファイル」→「プロジェクトの編集」までの操作は前項と同様。  「プロジェクトファイル」ダイアログの「警告オプション」タブで  「除外するパス」の「追加」
cppcheck - Windows 版 - プロジェクトファイルダイアログ - 警告オプション タブ

 これで除外したいディレクトリを選択しましたら

cppcheck - Windows 版 - 除外するディレクトリを選択してください ダイアログ

 うまいこと除外できました。