5.1 Oracle Solaris 10/IBM DB2 Client インストール/IBM DB2 Client Version 10.5

 
 実は、今回はこれが本題でありまして、Solaris10 に DB2 Client をインストールするのです。
5.1.1 インストーラダウンロード
5.1.2 インストール要件チェック
5.1.3 セットアップ
5.1.4 妥当性検査ツールの実行
5.1.5 CATALOG の作成

5.1.1 インストーラダウンロード

 ダウンロードサイトは下記になります。  ダウンロード先をたどっていくと途中でアカウントを求められます。つまりユーザ登録が必要です。  ダウンロードしたものを FTP で Solaris にアップロードして、解凍します。

> gunzip -c ibm_data_server_client_sunamd64_v10.5.tar.gz | tar xvf -
 こんな風に展開されます。

5.1.2 インストール要件チェック

 IBM のサイトによれば「db2prereqcheck コマンドが、システムがインストール前提条件を満たしているかどうかを検査します。」とのことなので、やってみます。

> ./db2prereqcheck
 すると

==========================================================================

オペレーティング・システム「SUN」上の DB2 データベース・バージョン「10.5.0.0」に対する DB2 の前提条件を検査しています

「カーネル・レベル 」の妥当性検査を実行しています...
   最小必須カーネル・レベル: 「5.10」 更新「9」

		~ 略 ~

==========================================================================

オペレーティング・システム「SUN」上の DB2 データベース・バージョン「10.1.0.0」に対する DB2 の前提条件を検査しています

「カーネル・レベル 」の妥当性検査を実行しています...
   最小必須カーネル・レベル: 「5.10」 更新「9」
   実際のカーネル・レベル: 「5.10」 更新「11」
   要件が一致しました。

「SUNWlibC」の妥当性検査を実行しています...
   最小必須「SUNWlibC」パッチ・レベル: 「119964」バージョン: 「20」
   実際の「SUNWlibC」パッチ・レベル: 「119964」バージョン: 「24」
   要件が一致しました。

「/lib/libpam.so*」の妥当性検査を実行しています...
   要件が一致しました。
DBT3533I  db2prereqcheck ユーティリティーは、DB2 データベース「サーバー  」バージョン「10.1.0.0」に対するインストール前提条件がすべて満たされていることを確認しました。
DBT3555E  db2prereqcheck ユーティリティーは、現行のプラットフォームが次の DB2 データベースのバージョンでサポートされていないことを判別しました: 「9.8.0.4」。
DBT3555E  db2prereqcheck ユーティリティーは、現行のプラットフォームが次の DB2 データベースのバージョンでサポートされていないことを判別しました: 「9.8.0.3」。
DBT3555E  db2prereqcheck ユーティリティーは、現行のプラットフォームが次の DB2 データベースのバージョンでサポートされていないことを判別しました: 「9.8.0.2」。
 今回は、ターゲットが 10.5 なので 9.8 がサポートされていなくてもしったこっちゃないので、このまま進むぞ!と。

5.1.3 セットアップ

 db2setup というコマンドがあるのでグラフィカルインタフェース上でぶったたいてみる。うーむ「実行」

 おお、起動はするようである。しかし、解像度が足りない、設定を変更して reboot することとしよう。
	
 気を取り直してもう一度 (ここからは画像を縮小しています。画像をクリックすれば元の縮尺で見ることができます)
 「製品のインストール」→「新規インストール」
 「次へ」
 「使用条件の条項に同意します」をチェックして「次へ」
 とりあえずここでは標準のままで「次へ」
 「次へ」
 「次へ」
 「次へ」
 パスワードを入力して「次へ」
 「完了」
 バックでひとりしきり動作します。
 なんだか難しそうなことが書いてあるので
 熟読して「完了」

5.1.4 妥当性検査ツールの実行

 前項の最後に書いてあったことに従い、妥当性検査ツールを実行してみます。  「db2inst1」でログインして

> /opt/IBM/db2/V10.5/bin/db2val
DBI1379I  db2val コマンドが実行中です。 これには数分かかる可能
      性があります。

DBI1335I  /opt/IBM/db2/V10.5 にインストールされた DB2 コ
      ピーのインストール・ファイル妥当性検査が成功しました。

DBI1339I  インスタンス db2inst1 に対するインスタンス妥
      当性検査が成功しました。

DBI1343I  db2val コマンドが正常に完了しました。 詳細について
      は、ログ・ファイル /tmp/db2val-150810_165815.log を参照してください。
 なんかうまくいってるっぽい。  次の db2fs (DB2ファーストステップ?)はグラフィカルインタフェースが必要っぽいのでグラフィカルインタフェースで

> /opt/IBM/db2/V10.5/bin/db2fs
 とりあえず、ここの環境では firefox が存在するので「はい」 (ブラウザがなかったら大変なのかしら?)
 なんか嫌な感じではあるがここではこうするしかないので「許可」
 なんだかインターネットにつながなければならないみたいなのであとは自力で・・・

5.1.5 CATALOG の作成

 Oracle でいう tnsnames.ora に相当するものが DB2 では CATALOG という(らしい)。コンフィグレーションファイルで設定することもできるはずですが、ここでは対話式で  DB2ユーザでログインして db2 で対話モードになります。

> db2
db2 => LIST DATABASE DIRECTORY
SQL1031N  指定されたファイル・システムには、データベース・ディレクトリーが見つか
りません。  SQLSTATE=58031
db2 => CATALOG TCPIP NODE ノード名? REMOTE サーバのIPアドレスもしくはドメイン名 SERVER 50000
DB20000I  CATALOG TCPIP NODE コマンドが正常に完了しました。
DB21056W  ディレクトリーの変更は、ディレクトリー・キャッシュがリフレッシュされる
まで反映されません。
db2 => CATALOG DB データベース名 AT NODE ノード名
DB20000I  CATALOG DATABASE コマンドが正常に完了しました。
DB21056W  ディレクトリーの変更は、ディレクトリー・キャッシュがリフレッシュされる
まで反映されません。
db2 => CONNECT TO データベース名 USER ユーザ名
ユーザ名 の現行パスワードを入力してください: ← パスワードを入力(エコーバックされません)

   データベース接続情報

 データベース・サーバー = DB2/NT64 10.5.5
 SQL 許可 ID            = ユーザ名
 ローカル・データベース別名 = データベース名

db2 => quit
 どうやらうまくインストールできたようです。