シェル - シェルスクリプト - 引数

 
1. 概要
2. 引数

1. 概要

 コマンドの引数を扱うことができます。  本項は「引数を処理する | UNIX & Linux コマンド・シェルスクリプト リファレンス」を参考にさせていただきました。

2. 引数

 $# で引数の個数を表現します。  $n(n は数字) で n 番目の引数を表現します。  $0 はコマンドそのものを意味します。  n が2桁以上の場合は ${n} というように、{} で囲みます。  1桁でも囲んで問題ないので、常時 {} をつけるようにしたほうが誤りがないかもしれません。
#!/bin/sh

echo 引数の数は[$#]です。

echo 引数 0 は[${0}]です。
echo 引数 1 は[${1}]です。


 というソースを作成します。  ソース名が /usr/home/hogehoge/lang/sh/arg/arg.sh とすると

/usr/home/hogehoge/lang/sh/arg/arg.sh
 の形式で実行すると下記の結果が得られます。
引数の数は[0]です。
引数 0 は[/usr/home/hogehoge/lang/sh/arg/arg.sh]です。
引数 1 は[]です。

/usr/home/hogehoge/lang/sh/arg/arg.sh 引数1
 の形式で実行すると下記の結果が得られます。
引数の数は[1]です。
引数 0 は[/usr/home/hogehoge/lang/sh/arg/arg.sh]です。
引数 1 は[引数1]です。