Linux - 共通事項 - 日本語等幅フォント

 クラウディア
1. 概要
2. ユーザにフォントをインストール
3. システムへインストール

1. 概要

 Linux を日本語化したときに、不細工なフォントが設定されていることがあります。  「Sans Noto」ならば、まあ、良しですが。  わたしのお勧めは「Miguフォント : M+とIPAの合成フォント」の「Migu 1m」です。左記からダウンロードできます。  Eclipse あたりでもきちんと等幅で表示してくれるので重宝します。  フォントファイル、拡張子 .ttf を以下に示す場所へ配置すれば、使えるようになります。

2. ユーザにフォントをインストール

 個別のユーザで使えるようにするには

$HOME/.fonts
 というディレクトリ(なければ作成する)に、フォントファイルを配置します。

3. システムへインストール

 ディストリビューションによっては、「fonts-migmix」というパッケージが存在します。  「migu」の他、「migmix」も同時にインストールできますので、正規のパッケージをインストールすることをおすすめします。  「Redhat」系の場合、現時点(2019年11月7日)では、正規のパッケージが存在しないようなので、「Ubuntu」系のものをインストールしましょうか。  「.deb」なので、「dpkg」のインストールが必要になります。  以下、「Fedora 31 KDE」で実際にやってみました。

yum install -y dpkg
 で「dpkg」をインストールした上で

curl http://archive.ubuntu.com/ubuntu/pool/universe/f/fonts-migmix/fonts-migmix_20150712-2_all.deb --output /tmp/fonts-migmix_20150712-2_all.deb
dpkg -i /tmp/fonts-migmix_20150712-2_all.deb
 フォントなので、依存するパッケージは存在しませんので、安心してインストールできるかと思います。
 
 
カウンタバックグラウンド