Linux - 共通事項 - ファイルマネージャ - SpaceFM

 
1. 概要
2. 初期表示
3. 隠しファイルを表示
4. Edit As Root

1. 概要

 SpaceFM は、GTK+ 由来のファイルマネージャだそうです。  日本語ウィキペディアにはありませんでした。  英語ですが、詳細は「SpaceFM - Wikipedia」をご参照ください。  「antiX 17.3.1」のデスクトップ環境「IceWM」で採用されておりました。  同じ環境内では「ROX-Filer」の方がファイルマネージャとしては優先するようですが、「ROX-Filer」は扱いにくいのだ。  以下の画像は「antiX 17.3.1」デスクトップ環境「IceWM」上の下記のバージョンのものです。
ファイルマネージャ - SpaceFM - バージョン情報

2. 初期表示

 デフォルトでは下記のように表示されます。
ファイルマネージャ - SpaceFM - 初期表示

 ほぼ、わたしの好みなので、いじるところは少ないです。

3. 隠しファイル表示

 SpaceFM にはパネルが4つあって、デフォルトでは、パネル1が表示されています。  他のパネルを表示すると、縦に並んだり、横に並んだり・・・ディレクトリを見比べたりするときに便利です。  隠しファイルを表示するには(ここではパネル1に対して)  「表示」→「Pane 1 View」  「Hidden Files」にチェックをいれます。
ファイルマネージャ - SpaceFM -「表示」

 ちなみに「Tree」にチェックを入れると左のウィンドウが上下2分割されて、ディレクトリのツリー構造が表示されます。

 「隠しファイル」を表示して、ツリーも表示した状態です。

ファイルマネージャ - SpaceFM - 変更後の表示

4. Edit As Root

 Unix 系のファイルマネージャには、ありがちな機能なのですが・・・。  「Edit As Root」という機能があります。  これは、ファイルマネージャを通して、ファイルを編集する際、root 権限が必要なファイルであれば、root ユーザとして開いて、編集を可能とするものです。  「SpaceFM」にも「Edit As Root」の機能があり  ファイルを右クリックして  「Open」→「Edit As Root」
ファイルマネージャ - SpaceFM -「Edit As Root」

 ところが・・・だ。
 これが、「antiX 17.3.1」「IceWM」のみの状況かは未確認なのですが

 エラーになるのです。

ファイルマネージャ - SpaceFM -「Root Editor No Set」

 これは「SpaceFM」から「Edit As Root」するときのエディタを設定していないためです。

 「表示」→「Preferences」

ファイルマネージャ - SpaceFM -「表示」→「Preferences」

 「Root's Editor」の欄に使用するエディタを入力して
 (上のユーザ用の「Editor」をコピペすれば十分です)
 「OK」

ファイルマネージャ - SpaceFM -「設定」-「高度な設定」タブ

 「OK」

ファイルマネージャ - SpaceFM -「Save Root Settings」

 ユーザのパスワードを入力して
 「OK」

ファイルマネージャ - SpaceFM -「認証」

 ちなみに、エディタに「vi(vim)」を指定することもできます。
 その場合は「Run Root's editor in terminal」にチェックをいれます。

 このとき端末が開く際に、root ユーザのパスワードをきいてきますので、毎回入力する必要があります(セキュリティ的にはこの方が安全ですね)。