Linux - 共通事項 - ファイルマネージャ - Dolphin

 
1. 概要
2. 初期表示
3. 詳細表示

1. 概要

 Dolphin は、KDE のファイルマネージャです。  以下の画像は Manjaro 18.0 KDE 上の下記のバージョンのものです。
ファイルマネージャ - Dolphin - バージョン情報

 この設定がいささか難しいので「Dolphinの設定 (kubuntu9.10) | 個人的健忘録 from 2009 - 楽天ブログ」を参考にさせていただきました。

2. 初期表示

 初期表示は下記の状態です。
ファイルマネージャ - Dolphin - 初期表示

3. 詳細表示

 わたしは大きなアイコンが嫌いなので、小さなアイコンで詳細表示したいのです。  わたしの望む状態で表示するにはあれこれいじる必要があります。  左のアイコンが順に「アイコン」「コンパクト」「詳細」になっているので「詳細」  「プレビューを表示」をオフに
ファイルマネージャ - Dolphin - 操作

 「コントロール」→「隠しファイル」にチェック

ファイルマネージャ - Dolphin - 「コントロール」→「隠しファイル」

 ここまでで基本的な設定ができていますが、あくまでもテンポラリなものなので

 「コントロール」→「Dolphin を設定」

ファイルマネージャ - Dolphin - 「コントロール」→「Dolphin を設定」

 「全般」「動作」タブ 「View」で
 「すべてのフォルダに共通のプロパティを使う」にチェックをいれて
 「適用」
 「OK」

ファイルマネージャ - Dolphin の設定 - 全般タブ

 下記のような表示がわたしには好ましい状態です。

ファイルマネージャ - Dolphin - 変更後の表示