Linux - 共通事項 - パッケージ管理フロントエンド - MX パッケージインストーラ

 
1. 概要
2. 検索
3. パッケージインストール

1. 概要

 「MX パッケージインストーラ」は、その名の通り、MX Linux のパッケージ管理フロントエンドです。  以下の画像は MX Linux 18.1 上の下記のバージョンのものです。
パッケージ管理フロントエンド - MX パッケージインストーラ - バージョン情報

 「MX パッケージインストーラ」は起動時に認証が開きます。
 root のパスワードを入力します。

 「認証する」

パッケージ管理フロントエンド - MX パッケージインストーラ - 認証

 この認証は、セッションが有効な間は、効果があるようです。
 (ログインしたままなら、一度、インストーラを閉じても、開くときに認証しなくてよい)

2. 検索

 「Search」欄にパッケージ名を入力すれば
パッケージ管理フロントエンド - MX パッケージインストーラ - 起動直後

 入力時点で検索されます。

パッケージ管理フロントエンド - MX パッケージインストーラ - 検索結果

3. パッケージインストール

 インストールするパッケージをチェックして  「Install」
パッケージ管理フロントエンド - MX パッケージインストーラ - インストール対象チェック

 「Y」を入力して「Enter」

パッケージ管理フロントエンド - MX パッケージインストーラ - インストール確認

 インストールは自動で進行します。

 成功しました。
 「OK」

パッケージ管理フロントエンド - MX パッケージインストーラ - インストール完了


 
 
カウンタバックグラウンド