Linux - 共通事項 - パッケージ管理フロントエンド - Synaptic -リポジトリの変更

 
1. 概要
2. リポジトリ変更
3. アップグレード

1. 概要

 PCLinuxOS の日本語に悩んでおりまして・・・。  「Operation Normal ? | PCLinuxOS 2011 の日本語化」を読むと、リポジトリを日本のサイトに変えれば良さそうな・・・。  うまくいくかどうかは、わかりませんが、「Synaptic」のリポジトリをさわったことがなかったので記録を残しておきます。  以下の画像は「PCLinuxOS 2018.06」「MATE」上の下記のバージョンのものです。
パッケージ管理フロントエンド - Synaptic - 「バージョン情報」

2. リポジトリ変更

 「Synaptic」を開いて  「Settings」→「Repositories」
パッケージ管理フロントエンド - Synaptic -「Settings」→「Repositories」

 設定されているは「spout.ussg.in.diana.edu」でした。
 このチェックをはずします。

パッケージ管理フロントエンド - Synaptic -「Repositories」- チェックをはずす

 日本のサイトのリポジトリは、いくつかあるようです。
 今回は「jaist.ac.jp」をチェックします。
 「OK」

パッケージ管理フロントエンド - Synaptic -「Repositories」- チェックする

 「OK」

パッケージ管理フロントエンド - Synaptic -「Repositories Changed」

 「Reload」

パッケージ管理フロントエンド - Synaptic -「Reload」

 少しダウンロードして、更新されます。

パッケージ管理フロントエンド - Synaptic -「Downloading Package Information」

3. アップグレード

 あまり、アップグレードはしたくないのですが、リポジトリを更新した以上、インストール済のものでアップグレード可能なものはしたほうがいとのこと。  メインの画面で  「Mark All Upgrades」
パッケージ管理フロントエンド - Synaptic -「Mark All Upgrades」

 「Mark」

パッケージ管理フロントエンド - Synaptic -「Mark additional requires changes?」

 「Apply」

パッケージ管理フロントエンド - Synaptic -「Apply」

 あとはまぁ、通常のパッケージインストール手順と同じなのですが、やはり、量の多さにいささかびくびくします。
 「Apply」

パッケージ管理フロントエンド - Synaptic -「Apply the following changes?」


 最後の方で気になるダイアログが表示されていたので記録を残しておきます。

パッケージ管理フロントエンド - Synaptic -「警告1」

パッケージ管理フロントエンド - Synaptic -「警告2」