Linux - 共通事項 - パッケージ管理フロントエンド - OctoPi

 
1. 概要
2. 検索
3. パッケージインストール
4. 更新

1. 概要

 OctoPi は、Manjaro 18.0 の KDE のパッケージ管理フロントエンドです。  以下の画像は Manjaro 18.0 KDE 上の下記のバージョンのものです。
パッケージ管理フロントエンド - OctoPi - バージョン情報

2. 検索

 検索窓に入力するとパッケージが絞り込まれます。
パッケージ管理フロントエンド - OctoPi - 「検索」

3. パッケージインストール

 インストールしたいパッケージを右クリックして  「インストール」
パッケージ管理フロントエンド - OctoPi - パッケージ右クリック - インストール

 「コミット」

パッケージ管理フロントエンド - OctoPi - コミット

 依存するパッケージ等、インストール対象が表示されます。
 「はい」

パッケージ管理フロントエンド - OctoPi - トランザクションの概要

 root ユーザのパスワードを入力して
 「OK」

パッケージ管理フロントエンド - OctoPi - 認証

 インストールは自動で進行します。

パッケージ管理フロントエンド - OctoPi - インストール実行中

 インストール後は左端の欄にチェックがはいります。

パッケージ管理フロントエンド - OctoPi - 変更後の表示

4. 更新

 そもそも、パッケージの更新が発生しているときはたこのアイコンが赤いのです。  下部の赤いアイコンを右クリックして  「インストール」
パッケージ管理フロントエンド - OctoPi - 更新 インストール

 何故かこのときは選択肢に「はい」がないのです。
 「ターミナルで実行」

パッケージ管理フロントエンド - OctoPi - 確認

 ここでも root ユーザのパスワードを促進されます(前項と同じダイアログなので画像は省略)。

 コンソールが開きます。

 Y Enter

パッケージ管理フロントエンド - OctoPi - 更新時コンソール画面①

 インストールは自動で進行します。

 インストールが終了したら q (実は何でもいい)で抜けます。

パッケージ管理フロントエンド - OctoPi - 更新時コンソール画面②

 パッケージがすべて更新されると左上のたこのアイコンが緑になります。

パッケージ管理フロントエンド - OctoPi - パッケージ更新後