Linux - 共通事項 - パッケージ管理フロントエンド - Pamac

 
1. 概要
2. 検索
3. パッケージインストール
4. 更新

1. 概要

 「Pamac」は、「Arch Linux」系のパッケージ管理フロントエンドです。  「Arch Linux」系であれば、他のパッケージ管理フロントエンドがインストールされていても「Pamac」はインストールされているようです。  以下の画像は Manjaro 18.0 MATE 上の下記のバージョンのものです。
パッケージ管理フロントエンド - Pamac - バージョン情報

2. 検索

 検索アイコンクリックで検索窓が開きます。
パッケージ管理フロントエンド - Pamac - 「検索」

 検索窓に入力するとパッケージが絞り込まれます。

パッケージ管理フロントエンド - Pamac - 検索結果

3. パッケージインストール

 インストールしたいパッケージをチェックして  「適用」
パッケージ管理フロントエンド - Pamac - パッケージチェック

 依存するパッケージ等、インストール対象が表示されます。
 「コミット」

パッケージ管理フロントエンド - Pamac - トランザクションの概要

 ユーザのパスワードを入力して

 「認証する」

パッケージ管理フロントエンド - Pamac - 認証

 インストールは自動で進行します。

パッケージ管理フロントエンド - Pamac - インストール実行中

 インストール後は「状態」にチェックがはいります。

パッケージ管理フロントエンド - Pamac - 変更後の表示

4. 更新

 以下の画像は Manjaro 18.0 BUDGIE 上のものです(バージョンは前項と同様でした)。  「スタート」→「その他」→「ソフトウェアの更新」
パッケージ管理フロントエンド - Pamac - BUDGIE -「スタート」→「その他」→「ソフトウェアの更新」

 「適用」

パッケージ管理フロントエンド - Pamac - 適用

 ユーザのパスワードを入力して

 「認証」

パッケージ管理フロントエンド - Pamac - 認証

 ところが、この後・・・。ダウンロードに長々とかかったあげく。
 「コミットに失敗しました」とでて、にっちもさっちも動かなくなっちゃいました。
 VirtualBox 上のもので、前のスナップショットがあったからよかったようなものの・・・。
 まとめて更新するのは考え物かもしれません。