Linux - Slackware - 14.2 - 基本操作 - IPv6 を停止する

 
1. 概要
2. /etc/lilo.conf
3. /etc/modprobe.d/aliases.conf

1. 概要

 slackpkg(「Linux - 共通事項 - パッケージ管理」参照)で、アップデートをかけると

$ slackpkg update

Updating the package lists...
        Downloading...
                        Downloading ftp://ftp.nara.wide.ad.jp/pub/Linux/slackware/slackware64-14.2/ChangeLog.txt...
--2019-04-05 00:32:43--  ftp://ftp.nara.wide.ad.jp/pub/Linux/slackware/slackware64-14.2/ChangeLog.txt
           => '/tmp/slackpkg.v4Yr9Y/ChangeLog.txt'
Resolving ftp.nara.wide.ad.jp (ftp.nara.wide.ad.jp)... 2001:200:0:1::800:21, 203.178.137.175
Connecting to ftp.nara.wide.ad.jp (ftp.nara.wide.ad.jp)|2001:200:0:1::800:21|:21... failed: Connection timed out.
Connecting to ftp.nara.wide.ad.jp (ftp.nara.wide.ad.jp)|203.178.137.175|:21... connected.
Logging in as anonymous ... Logged in!
 てなことになっていおりまして・・・。  9行目が問題になっておりまして、先に IPv6 で接続しようとするのですが、失敗して、IPv4 で接続に行きます。  これが、毎回なものですから、IPv6 のタイムアウト分、通信に時間がかかって仕方がないのです。  なもので、IPv6 を停止すれば、このタイムアウト分のロスはなくなるのかな?  と思った次第です。

2. /etc/lilo.conf

 この方法は、「[SOLVED] How do I disable ipv6 in Slackware 14.1?」を参考にさせていただきました。

/etc/lilo.conf
 を編集して

# Linux bootable partition config begins
image = /boot/vmlinuz
  root = /dev/sda3
  label = Linux
  read-only
# Linux bootable partition config ends
 を

# Linux bootable partition config begins
image = /boot/vmlinuz
  root = /dev/sda3
  label = Linux
  read-only
  append="ipv6.disable=1"
# Linux bootable partition config ends
 更新をかけて再起動して・・・現象は変わりませんでした。  何しろ

$ ifconfig
eth0: flags=4163<UP,BROADCAST,RUNNING,MULTICAST>  mtu 1500
        inet 192.168.100.115  netmask 255.255.255.0  broadcast 192.168.100.255
        inet6 2001:268:c0c6:c229:a00:27ff:fe8a:b6d1  prefixlen 64  scopeid 0x0<global>
        inet6 fe80::a00:27ff:fe8a:b6d1  prefixlen 64  scopeid 0x20<link>
        ether 08:00:27:8a:b6:d1  txqueuelen 1000  (Ethernet)
        RX packets 158  bytes 16472 (16.0 KiB)
        RX errors 0  dropped 0  overruns 0  frame 0
        TX packets 93  bytes 14986 (14.6 KiB)
        TX errors 0  dropped 0 overruns 0  carrier 0  collisions 0
 う~ん。だめじゃん。

3. /etc/modprobe.d/aliases.conf

 前項と同じ参考サイトに書いてあったもの・  前項の設定は元に戻して

/etc/modprobe.d/aliases.conf
 ディレクトリは存在しますが、ファイルはありませんので作成して

alias net-pf-10 off# IPv6
 と記述します(# 以降は、コメントでしょう)。  再起動後

$ ifconfig
eth0: flags=4163<UP,BROADCAST,RUNNING,MULTICAST>  mtu 1500
        inet 192.168.100.117  netmask 255.255.255.0  broadcast 192.168.100.255
        ether 08:00:27:8a:b6:d1  txqueuelen 1000  (Ethernet)
        RX packets 88  bytes 10109 (9.8 KiB)
        RX errors 0  dropped 0  overruns 0  frame 0
        TX packets 50  bytes 8912 (8.7 KiB)
        TX errors 0  dropped 0 overruns 0  carrier 0  collisions 0
 お、少なくとも、IPv6 は見えません。  「slackpkg update」も、ぐんと速く動くようになりました。
 
 
カウンタバックグラウンド