Linux - Mageia - 06 - 基本操作 - システムアップデート

 
1. 概要
2. システムアップデート
3. 何が変わったか・・・

1. 概要

 めったにシステムアップデートはしないのですが(通信量が多い、Linux はアップデートの結果、起動できなくなることが経験上、多かった)、思うところあって、やってみようと思います。

2. システムアップデート

 「Mageia 6 コントロールセンター」を開いて  (リポジトリが参照可能か「インストールとアップデートのためのメディアを確認」で要確認・・・参考「Linux - 共通事項 - パッケージ管理フロントエンド」- Rpmdrake)  「ソフトウェアの管理」タブで  「システムをアップデート」
Mageia - 06 -「Mageia コントロールセンター」-「ソフトウェアの管理」タブ

 「はい」

Mageia - 06 -「確認(スーパーユーザーで)」

Mageia - 06 -「お待ちください(スーパーユーザーで)」

 「更新」

Mageia - 06 -「Mageia コントロールセンター」-「RPM アップデートの一覧」

 「はい」

Mageia - 06 -「Mageia コントロールセンター」-「確認」

Mageia - 06 -「Mageia コントロールセンター」-「パッケージのインストール(スーパーユーザで)」

 「OK」

Mageia - 06 -「Mageia コントロールセンター」-「警告(スーパーユーザで)」

 更新後は、「アップデートの一覧」に表示されるものが亡くなりました。

Mageia - 06 -「Mageia コントロールセンター」-「RPM アップデートの一覧」更新後

3. 何が変わったか・・・

 何が変わったか・・・。実は、ひそかに期待していたことが実現しました。  VirtualBox 上のゲストで「Mageia」を実行しているのですが、VirtualBox の機能で Host+E で画面のキャプチャをとっても画像が真っ暗になっていたのですが(Linux の特定のディストリビューションではありがち・・・)。  システムのアップデートをかけると・・・キャプチャが綺麗にとれるようになりました。
 
 
カウンタバックグラウンド