Linux - PCLinuxOS - 201903 - MATE - 基本操作 - 日本語化

 
1. 概要
2. 日本語パッケージ
3. ロケール
4. 日本語化後

1. 概要

 201806 の作業を踏襲します。

2. 日本語パッケージ

 「Synaptic」で日本語パッケージをインストールします。  日本語パッケージをインストールするには、リポジトリの変更(日本のサイト)が必要になります。  リポジトリの変更については「Linux - 共通事項 - パッケージ管理フロントエンド - Synaptic」をご参照ください。  リポジトリを日本のサイトに変更したら「locales-ja」を検索してインストールします。

3. ロケール

 「System」→「Preferences」→「Other」→「Configure your Computer」
PCLinuxOS - 201903 - MATE -「System」→「Preferences」→「Other」→「Configure your Computer」

 root パスワード入力して
 「Authenticate」

PCLinuxOS - 201903 - MATE - 基本操作 -「認証」

 「System」タブで
 「Manage localization for your system」

PCLinuxOS - 201903 - MATE - 基本操作 -「Control Center」-「System」タブ

 「Japanese」をチェックして
 「Next」

PCLinuxOS - 201903 - MATE - 基本操作 -「Control Center」-「Manage localization for your system」

 「Japan」を選択して
 「Input Method」を選択して(今回は「SCIM」を選択)
 「Next」

PCLinuxOS - 201903 - MATE - 基本操作 -「Control Center」-「Manage localization for your system」「Please choose ... 」

PCLinuxOS - 201903 - MATE - 基本操作 -「Please wait updating」

 「OK」

PCLinuxOS - 201903 - MATE - 基本操作 -「Control Center」-「Please reboot...」

 再起動します。

4. 日本語化後

 一応、日本語化されましたが、中途半端。
PCLinuxOS - 201903 - MATE - 基本操作 -「日本語化後」

 まぁ、いいか。
 デスクトップ上のアイコンは、わかる範囲の英語だし。

 メニューの文字列は消しますので。