Linux - PCLinuxOS - 201903 - MATE - 基本操作 - ログインできるまで

 
1. 概要
2. 画面サイズを変更して・・・
3. インストール直後のログイン直後

1. 概要

 さて、システムアップデートも終わりました。  グラフィックログインの画面が表示されているのですが・・・。  これが、ログインできないのだ、そもそも、インストール直後のログイン画面をご覧いただばわかるのですが、「Username」と表示されるべき箇所の文字がつぶれていてよく見えないし、ユーザ名を入力してもエコーバックされないのだ。  ユーザ名入力で、ユーザアイコンが選択状態になるので、ユーザ名入力は誤っていないように思うのですが、パスワード入力してもログインしないのです。  これが、VirtualBox 上のゲストだからなのか・・・?  よく、わかりませんが、VirtualBox GuestAdditions をインストールして、突拍子もないような操作をしてログインできるようになりました。  以下、その方法を書きますが・・・。  「VirtualBox GuestAdditions」のインストール方法については、「VirtualBox - Guest Additions インストール - PCLinuxOS - 201903」をご参照ください。  (これ MATE だけなのかなぁ・・・。KDE も同じだったらせっかく、インストールを共通事項として「Linux - PCLinuxOS - 201903 - 概要・共通事項 - インストール」に書いたのにこれは二重で記述することになっちゃうなぁ)

2. 画面サイズを変更して・・・

 「VirtualBox GuestAdditions」が有効な状態になれば、画面サイズが変更できます。  VirtualBox のメニューで画面サイズを変更します。
PCLinuxOS - 201903 - MATE -「VirtualBox」画面サイズ変更

 入力域で F10 でメニューを表示して

 「Remote Login...」

PCLinuxOS - 201903 - MATE - 基本操作 -「Remote Login...」

 「Calcel」

PCLinuxOS - 201903 - MATE - 基本操作 -「Remote Login...」画面

 あら不思議。
 「Username」のつぶれがなくなってログインできるようになるのです。

PCLinuxOS - 201903 - MATE - 基本操作 -「ログインできるログイン画面」

3. インストール直後のログイン直後

 ようやくお目に書かれた、これが、インストール直後のログイン直後の画面です。
PCLinuxOS - 201903 - MATE -「ログイン直後」

 この後、システム起動後のログインできない状況は続き、再起動後には、毎回この儀式を行うことになるのだ。
 2019年4月25日時点では、根本的な解決方法にたどり着いておりません。

 
 
カウンタバックグラウンド