Linux - PCLinuxOS - 201903 - 概要・共通事項 - インストール - 概要・起動

 
1. 概要
2. 起動
3. キーボード設定

1. 概要

 VirtualBox 上にインストールします。  201806 時に、MATE も KDE も、微妙な画面の違いをのぞいて、インストール手順は同じだったので、今回は、共通事項として記述して、違いのある点のみ記述します。  画像は、MATE のものです。

2. 起動

 メディアをセットして起動します。  「Install PCLinuxOS」を選択して  (F2 を押しても「English(US)」以外、選べません)  Enter
PCLinuxOS - 201903 - MATE - インストール - 起動

PCLinuxOS - 201903 - MATE - インストール - kernel boot

PCLinuxOS - 201903 - MATE - インストール - 起動中

 ここまで自動で、進行していきます。

 ここでいったん画面が消えて、こんな画面で

PCLinuxOS - 201903 - MATE - インストール - 画面切り替え中

 しばらく、待たされます。
 不安になるくらいの時間待たされますが、気長に待ちます。

3. キーボード設定

 「Japanese 106 keys」を選択して  「Next」
PCLinuxOS - 201903 - MATE -「インストール」-「キーボード設定」

 馬鹿な話なのですが、ここで馬鹿丁寧にも上下の矢印キーで移動しておりましたが、先頭の文字をキーボードで入力するとその頭文字を持つものへ飛びます。

 「Japanese 106 keys」の場合、j キー一発で飛びますので楽になります。


 次ページへ続きます。