Linux - PCLinuxOS - 2018.06 - MATE - 開発環境 Eclipse

 
1. 概要
2. 起動

1. 概要

 開発環境として Eclipse を使用します。  「Synaptic」で「eclise」で検索して、インストールできます。  いささか古いようですが、「Synaptic」を使用してインストールできれば、そちらの方が簡単です。  「Synaptic」でインストールするので、メニューへも自動的に組み込まれます。  Eclipse の日本語化については「Eclipse - Linux マシンへのインストール」をご参照ください。  日本語化で上書きするときは

/usr/share/eclipse/
 をベースディレクトリとして上書きします。  すなわち「pleiades.zip」を「/home/hogehoge/Downloads/」配下にダウンロードしたものとして

cd /home/hogehoge/Downloads/
mkdir -pv /home/hogehoge/Downloads/pleiades
cd pleiades
unzip ../pleiades.zip
mkdir -pv /usr/share/eclipse/features
cp -pfR features/* /usr/share/eclipse/features/.
cp -pfR plugins/*  /usr/share/eclipse/plugins/.

/usr/share/eclipse/eclipse.ini
 に以下の行を加えます。

-Xverify:none
-javaagent:/usr/share/eclipse/plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar

2. 起動

 「スタート」→「開発」→ 「Eclipse」
PCLinuxOS - 2018.06 - MATE -「スタート」→「開発」→ 「Eclipse」

 「OK」

PCLinuxOS - 2018.06 - MATE - Eclipse - ワークスペース選択

 起動直後の状態です。

PCLinuxOS - 2018.06 - MATE - Eclipse - 起動直後

 2019年03月14日時点で、下記のバージョンでした。

PCLinuxOS - 2018.06 - MATE - Eclipse - バージョン情報

 4.4.2 も、やや古い。
 かつ、少し時間がたつとこけるようです・・・。
 直接インストールしたほうが、いいかもしれません。
 KDE 版のときは、直接インストールしてみようと思います。