Linux - PCLinuxOS - 2018.06 - MATE - 基本操作 - 日本語化

 
1. 概要
2. 日本語化パッケージインストール
3. ロケールの設定
4. 再起動後

1. 概要

 日本語化に関して、試行錯誤して、2度ほど大きく失敗しました。  「Operation Normal ? | PCLinuxOS 2011 の日本語化」が、いささか古い記事かもしれませんが、有効かもしれないと考えています。  何しろ、ここから先の説明も英語版でキャプチャを撮るか、日本語でキャプチャを撮るかで、大きく変わってきますものね。

2. 日本語化パッケージインストール

 ここに至るまでには、リポジトリを変更・データベースの更新が必要になります。  それらの手順については「Linux - 共通事項 - パッケージ管理フロントエンド - Synaptic」をご参照ください。  「Synaptic」で「locales-ja」を検索して、インストールします。

3. ロケールの設定

 「System」→「Preferences」→「Other」→「Configure Your Computer」
PCLinuxOS - 2018.06 - MATE -「System」→「Preferences」→「Other」→「Configure Your Computer」

 root ユーザのパスワードを入力して
 「OK」

PCLinuxOS - 2018.06 - MATE -「認証」

 「System」タブで
 「Manage localization for your system」

PCLinuxOS - 2018.06 - MATE -「Control Center(as super user)」-「System」タブ

 「Japanese」をチェックして
 「Next」

PCLinuxOS - 2018.06 - MATE -「Control Center(as super user)」-「Manage localization for your system」

 「Next」

PCLinuxOS - 2018.06 - MATE -「Control Center(as super user)」-「Manage localization for your system」IBUS

 ここで、ダウンロードやインストールのダイアログがひとしきり表示されます。

 「OK」

PCLinuxOS - 2018.06 - MATE -「Control Center(as super user)」-「Manage localization for your system」完了

 言われた通り、再起動します。

4. 再起動後

 ログイン画面で「Language」  選択肢に日本語が増えていますので選択して  「Change Language」
PCLinuxOS - 2018.06 - MATE -「ログイン画面」言語変更

 「Yes」

PCLinuxOS - 2018.06 - MATE -「ログイン画面」言語変更 - 確認

 微妙に日時の表示が変わっています。

PCLinuxOS - 2018.06 - MATE -「ログイン画面」言語変更後

 ログインの際に、次回以降の表示を日本語デフォルトにするか聞いてきます。

 「Make Default」

PCLinuxOS - 2018.06 - MATE -「ログイン画面」 - デフォルト設定確認

 変更後のデスクトップです。
 フォントが不細工です。変更しよ~っと。

PCLinuxOS - 2018.06 - MATE -「デスクトップ」言語変更後

 
 
カウンタバックグラウンド