Linux - PCLinuxOS - 2018.06 - 概要・共通事項 - SSH サーバ

 
1. 概要
2. インストール

1. 概要

 FTP サーバは、openssh-server を使用するのですが、インストールと起動の仕方がこのディストリビューションは、ちょっとユニークでした。

2. インストール

 「Configure Your conmuter」で「Control Center(スーパーユーザで)」を起動して  「Network Services」タブで  「OpenSSH daemon configuration」
PCLinuxOS - 2018.06 -「Control Center(スーパーユーザで)」「Network Services」タブ

 「Next」

PCLinuxOS - 2018.06 -「Control Center(スーパーユーザで)」-「OpenSSH daemon configuration」

PCLinuxOS - 2018.06 -「Please wating」

 ここ悩みどころですね。
 とりあえず、デフォルトのままで
 「Next」

PCLinuxOS - 2018.06 -「Control Center(スーパーユーザで)」-「OpenSSH daemon configuration」options 選択

 「Permit root login」は、断然「no」
 あとは、ネットワークアドレスとポート番号を入力。
 ポート番号は、デフォルトで構わないでしょう。

PCLinuxOS - 2018.06 -「Control Center(スーパーユーザで)」-「OpenSSH daemon configuration」→「Synaptic」

 以降、セキュリティの設定やログやユーザの制限等ありますが、単につなげるだけならば、デフォルトのまま「Next」で、起動まではできます。
 個々のセキュリティを考慮して設定していってください。
 個別のセキュリティ制限のかけかたは、需要があれば書きます。

PCLinuxOS - 2018.06 -「Control Center(スーパーユーザで)」-「OpenSSH daemon configuration」

PCLinuxOS - 2018.06 -「Control Center(スーパーユーザで)」-「OpenSSH daemon configuration」

PCLinuxOS - 2018.06 -「Control Center(スーパーユーザで)」-「OpenSSH daemon configuration」

PCLinuxOS - 2018.06 -「Control Center(スーパーユーザで)」-「OpenSSH daemon configuration」

PCLinuxOS - 2018.06 -「Control Center(スーパーユーザで)」-「OpenSSH daemon configuration」

PCLinuxOS - 2018.06 -「Control Center(スーパーユーザで)」-「OpenSSH daemon configuration」

 この時点で、SSH サーバは起動しています。

 「Finish」

PCLinuxOS - 2018.06 -「Control Center(スーパーユーザで)」-「OpenSSH daemon configuration」


 
 
カウンタバックグラウンド