Linux - antiX - 17.3.1 - 基本操作 - 日本語入力

 
1. 概要
2. パッケージインストール
3. 起動設定
4. ログインし直し

1. 概要

 日本語入力は、デフォルトではインストールされていません。  実は、この手順が、本当に大変でした。あちこちのサイトで見かけた通りでした。  この手順を通して、日本語入力を有効にするには、何故か「root」と「home」のパーティションを分けていなければなりません。  因果関係が不明なのですが、確かに事実なのです。  分けていない場合は、あきらめるか、システムのインストールからやり直すかしてください。  本項は「AntiX17.3の日本語入力設定(MOZC) - m-a-t-u’s blog」を参考にさせていただきました。

2. パッケージインストール

 「パッケージインストーラ」で「japanese」を検索して  「Japanese_Fonts」「Japanses_Input_fcitx」をチェックしてインストールします。  (「Japanses_Input」ibus は、あえてよける)
antiX - 17.3.1 -「パッケージインストーラ」-「Japanese」検索結果

 「Synaptic」で「fcitx」を検索して、以下のパッケージをインストールします。


fcitx-frontend-gtk2
fcitx-frontend-gtk3
fcitx-frontend-qt4

3. 起動設定

 「コントロールセンター」を開いて  「セッション」タブで  「ユーザデスクトップセッション」
antiX - 17.3.1 -「コントロールセンター」-「セッション」タブ

 「start」タブで
 10行目あたりに


fcitx-autostart
 という1行をいれます。  ちなみに9行目の

fbxkb-start &
 というのは、キーボード設定を右下に国旗で表示するそうで・・・。  確かに、日の丸が出てるなぁ。  消したい場合は、行頭に「#」をいれてコメントアウトします。
antiX - 17.3.1 -「ユーザデスクトップセッション」-「start」

4. ログインし直し

 ログアウトしてログインし直すと  日本語が入力できるようになりました。
antiX - 17.3.1 -「日本語入力確認」

 Ctrl*SpacePrint もしくは、半角/全角 で入力切り替えができるようになっています。

 Ctrl*SpacePrint を他の機能で使う場合は「fcitx 設定」を起動して、切り替えキーとしては無効にします。