Linux - ChaletOS - 16.04.2 - 基本操作 - メニューの編集

 
1. 概要
2. 起動
3. 追加
4. 確認

1. 概要

 メニューの編集は、Xfce のものでしょうか?、MenuLibre というプログラムが用意されています。

2. 起動

 設定マネージャーで  「メニューエディター」
ChaletOS - 16.04.2 - 設定マネージャー - MenuLibre

 起動直後の状態です。

ChaletOS - 16.04.2 - MenuLibre - 起動直後

3. 追加

 インターネットのカテゴリに Thunderbird を追加します。  インターネットを選択した状態で「+」アイコンから  「ランチャーを追加」
ChaletOS - 16.04.2 - MenuLibre - インターネット

 新しい項目が追加されますので、主な内容を編集します。

 このデスクトップのやなところとして、入力域が非常にわかりにくいのがつらいところです。

 (テーマか何かを変更して、これを解消できないのかと思っているのですが・・・)
 「新しい」(で消えていますが本来はランチャーと続くはず)のところにプログラム名をいれます。

 「このアプリケーションの・・・」の欄に入力する内容はメニューのツールチップに表示されます。
 (わかりきっている項目はツールチップは却って邪魔なので削除した方がいいかもです)

 「コマンド」欄に起動するプログラムを入力します。
 右端の参照アイコンで選択することもできます。
 編集してオプションをつけることも可能です。

ChaletOS - 16.04.2 - MenuLibre - インターネット - 新しい項目

 主な入力箇所をいれたところです。

ChaletOS - 16.04.2 - MenuLibre - インターネット - 新しい項目 - 編集後

 保存アイコン(だからボタンがわかりにくいって)で保存します。

ChaletOS - 16.04.2 - MenuLibre - インターネット - 新しい項目 - 保存

4. 確認

 メニューへの組込を確認します。  「スタート」→「インターネット」→「Thunderbird」
ChaletOS - 16.04.2 - スタート- インターネット - Thunderbird

 Thunderbird が無事起動しました。

ChaletOS - 16.04.2 - Thunderbird - 起動直後


 
 
カウンタバックグラウンド