ChaletOS - 16.04.2 - 基本操作 - アップグレード

 クラウディア
1. 概要
2. アップグレード
3. 再起動

1. 概要

 ログインするたびに
「ChaletOS 16.04.2」-「アップグレード促進ダイアログ」

 というダイアログが表示されるのです。

 「Ask Me Later」しても毎回でます。

 それは、そうだわな。
 これを書いているのが 2018年12月06日で、ChaletOS のおじいさんにあたる Ubuntu は遥か前に 18.04 がリリースされていますからね。

 アップグレードするのは、いささか怖いものがありますが・・・。
 どうせ、VirtualBox 上のものなので思い切って「Yes、Upgrade Now」してみます。

2. アップグレード

 パスワードを入力して Enter
「ChaletOS 16.04.2」-「認証」

 「Upgrade」

「ChaletOS 16.04.2」-「Release Notes」

 自動で進行していきます。

「ChaletOS 16.04.2」-「アップグレード」

 「アップグレードを開始」

「ChaletOS 16.04.2」-「アップグレードを開始」

 バージョン番号が書き換えられるのは当たり前の話なので(むしろ書き変わらないと変なことになる)
 「書き換える」

「ChaletOS 16.04.2」-「アップグレード」「ファイル書き換えダイアログ1」

 「書き換える」

「ChaletOS 16.04.2」-「アップグレード」「ファイル書き換えダイアログ2」

 「書き換える」

「ChaletOS 16.04.2」-「アップグレード」「ファイル書き換えダイアログ3」

 「Next」

「ChaletOS 16.04.2」-「アップグレード」「GRUB ダイアログ」

 「書き換える」

「ChaletOS 16.04.2」-「アップグレード」「ファイル書き換えダイアログ4」

 「Next」

「ChaletOS 16.04.2」-「アップグレード」「upgrades ダイアログ」

 なんだこれは?
 よくわからないのでとりあえず
 「Execute」
 なんど押しても表示されるので
 「Remove」

「ChaletOS 16.04.2」-「アップグレード」「upgrades ダイアログ」

 「書き換える」

「ChaletOS 16.04.2」-「アップグレード」「ファイル書き換えダイアログ5」

 インストールしたばかりだし、VirtualBox 上なので、スナップショットも残しているし、いいや
 「削除」

「ChaletOS 16.04.2」-「アップグレード」「サポートが中止されたパッケージの削除」

3. 再起動

 「すぐに再起動」
「ChaletOS 16.04.2」-「アップグレード」「再起動」

 再起動後のログイン画面です。
 不安になるくらい変わっちゃってるんですけど。

「ChaletOS 16.04.2」-「アップグレード」「再起動後」「ログイン画面」

 ログインしてみたらさほど変わっていなかったのでいささか安心しました。

「ChaletOS 16.04.2」-「アップグレード」「ログイン直後」

JETBOYTokyo Speed Wi-FiSirusiU-NEXT
 
 
カウンタバックグラウンド