ArcoLinux - 19.06.1 - BUDGIE - 基本操作 - 日本語入力

 
1. 概要
2. インストール
3. 入力メソッドの設定
4. 確認

1. 概要

 日本語入力に関して、「共通事項」の項目では、「Fcitx」を設定していますが・・・。  「BUDGIE」では、「Fcitx」は、うまく設定できませんでした。  なので、「BUDGIE」は「IBus」で設定していきます。  試行錯誤したので、おさらいの意味も含めて・・・。

2. インストール

 後述する「Pamac」で、「ibus」を検索して(「インストール済み」タブでなく「リポジトリ」タブなので注意)、「IBus の設定(ibus)」と「Anthy(ibus-anthy)」をインストールします。
「ArcoLinux 19.06.1 BUDGIE」-「Pamac」「ibus」検索

 インストールしたら、念のため、再起動しておきます。

3. 入力メソッドの設定

 再起動後に、ログインして、「設定」を開きます。  「地域と言語」タブで  「入力ソース」の下の「+」
「ArcoLinux 19.06.1 BUDGIE」-「設定」「地域と言語」タブ

 「日本語」

「ArcoLinux 19.06.1 BUDGIE」-「入力ソースの追加」

 「日本語(Anthy)」を選択して
 「追加」

「ArcoLinux 19.06.1 BUDGIE」-「入力ソースの追加」「日本語」

 これで、日本語入力ができるようになります。

「ArcoLinux 19.06.1 BUDGIE」-「設定」「地域と言語」タブ -「日本語(Anthy)」追加後

4. 確認

 前項の直後に、端末を開いて、日本語入力ができることを確認しました。
「ArcoLinux 19.06.1 BUDGIE」-「端末」日本語入力を確認

 入力切り替えのキーは、Crtl+J または 半角/全角 が設定されています。



 
 
カウンタバックグラウンド