Linux - Manjaro - 18.0 - i3wm - 基本操作 - 画面キャプチャ

 
1. 概要
2. 画面キャプチャ
3. mate-screenshot

1. 概要

 i3wm に関して記述してあるサイトを読むと、imagemagick を使用して、画面キャプチャを撮るようなことが多く書かれているのですが。  Manjaro 18.0 上の i3wm には、i3-scrot というものが存在して、それを採用しているようです。  さすが、タイル型、名称まで、節約しているようで、「SCReenshOT」→「SCR.....OT」という命名のようです。

2. 画面キャプチャ

 「$HOME/.i3/config」に定義がありました。

bindsym Print exec --no-startup-id i3-scrot
bindsym $mod+Print --release exec --no-startup-id i3-scrot -w
bindsym $mod+Shift+Print --release exec --no-startup-id i3-scrot -s
 Print で、画面全体をキャプチャ。  $mod+Print で、アクティブウィンドウをキャプチャ。  $mod+Shift+Print で、矩形選択してキャプチャ。  となります。  残念ながら、クリップボードに保存する機能はなさそうです。

3. mate-screenshot

 やはり、クリップボードにとれないのは、不満が残ります。  このサイトでおなじみの「mate-screenshot」を使用します。  「Pamac」で「mate-utils」を検索してインストールします。  前項の 67、68行目を変更します。

bindsym Print exec --no-startup-id mate-screenshot
bindsym Mod1+Print exec --no-startup-id mate-screenshot -w
bindsym $mod+Shift+Print --release exec --no-startup-id i3-scrot -s
 これで、Print で全画面、Alt+Print でアクティブウィンドウをキャプチャして、「mate-screenshot」が起動します。
 
 
カウンタバックグラウンド