Linux - Manjaro - 18.0 - GNOME - アンチウイルスソフト ClamTk

 
1. 概要
2. データベース更新
3. 起動

1. 概要

 アンチウイルスソフトとして ClamTk を使用します。  Pamac で「clamtk」で検索してインストールします。

2. データベース更新

 データベース更新を行わないと、起動時に「アンチウィルスのシグネチャが期限切れです」という警告が表示されるので、以下の作業を行います。  root ユーザで

# systemctl stop clamav-freshclam
# freshclam
ClamAV update process started at Thu Jan 24 09:05:25 2019
Downloading main.cvd [100%]
main.cvd updated (version: 58, sigs: 4566249, f-level: 60, builder: sigmgr)
Downloading daily.cvd [100%]
daily.cvd updated (version: 25325, sigs: 2220723, f-level: 63, builder: raynman)
Downloading bytecode.cvd [100%]
bytecode.cvd updated (version: 328, sigs: 94, f-level: 63, builder: neo)
Database updated (6787066 signatures) from database.clamav.net (IP: 104.16.188.138)
WARNING: Clamd was NOT notified: Can't connect to clamd through /run/clamav/clamd.ctl: No such file or directory
# systemctl start clamav-freshclam
 警告が出ていますが、放っておいています。

3. 起動

 「スタート」→「アクセサリ」→「ClamTk」
Linux - Manjaro - 18.0 - GNOME -「スタート」→「アクセサリ」→「ClamTk」

 「ClamTk」

 起動直後の状態です。

Linux - Manjaro - 18.0 - GNOME - ClamTk - 起動直後

 2019年01月24日時点で、バージョンは下記の通りでした。

Linux - Manjaro - 18.0 - GNOME - ClamTk - バージョン情報

 操作方法については FreeBSD のものですが「FreeBSD - デスクトップ環境構築 - 共通事項 - ClamTk」をご参照ください。


 
 
カウンタバックグラウンド