Linux - Manjaro - 18.0 - GNOME - 基本操作 - 日本語入力

 
1. 概要
2. パッケージインストール
3. 有効化

1. 概要

 GNOME では Fcitx を設定しても、うまく日本語入力できませんでした。  なので「Linux - Manjaro - 18.0 - 概要・共通事項 - 日本語入力」ではうまく、いきません。  以下の方法で入力できるようになりました。  本項は、下記のサイトを参考にさせていただきました。
ぽぬぽぬ: GNOME3 で Fcitx が動かない」
「Gnome3における日本語入力設定 - サトルサトラレ

2. パッケージインストール

 Pamac で「ibus」を検索して。  「ibus」「ibus-anthy」をインストールします。

3. 有効化

 設定画面を表示して  「Region & Language」タブで  「入力ソース」「日本語」の下の「+」
Linux - Manjaro - 18.0 - GNOME - 設定 - Region

 「入力ソースの追加」→「日本語」

Linux - Manjaro - 18.0 - GNOME - 入力ソースの追加①

 「日本語(Anhty)」を選択して
 「追加」

Linux - Manjaro - 18.0 - GNOME - 入力ソースの追加

 最終的に下記の表示になれば、日本語入力が有効になります。

Linux - Manjaro - 18.0 - GNOME - 設定 - Region

 デフォルトで Win+Space で、英語/日本語の入力切替ができるようになっています。

 ただ、このままでは、入力切り替えのたびに中央にうぜ~ダイアログが表示されます。
 これを変更する方法については、以降のページで述べます。


 
 
カウンタバックグラウンド