Linux - Manjaro - 18.0 - GNOME - 基本操作 - メニューカスタマイズ

 
1. 概要
2. インストール
3. 設定

1. 概要

 「あくちびちぃ」には、なじめないので、旧来的なメニューを使用します。

2. インストール

 「Pamac」で以下のものを検索してインストールされていなければ、インストールします。  (「dash-to-dock」と「gnome-tweaks」は、デフォルトでインストールされているはずです)
検索キー インストールパッケージ 備考
dash-to-dock gnome-shell-extention-dash-to-dock 「あくちびちぃ」を消してくれる
gnomenu gnome-shell-extention-gnomenu
gnome-tweaks GNOME TWeaks

 (これだけで、いけたかどうか、実は定かではない)

 他のディストリビューションでは、そのまま次の項目へ移動できましたが、Manjaro ではここでいったん、再起動(ログインし直していいのかは不明)が必要なようです。

3. 設定

 ここまでは仕方がない左下のサイコロのアイコンで
Linux - Manjaro - 18.0 - GNOME - アクティビティ?

 「tweaks」で絞り込んで起動

Linux - Manjaro - 18.0 - GNOME - アクティビティ? - tweaks

 「拡張機能」タブで
 「Dash to dock」をオフにすると左端のやなものが消えます。

Linux - Manjaro - 18.0 - GNOME -「tweaks」-「拡張機能」-「Dash to dock」

 次に「Gno-menu」の設定(歯車「」アイコン)

Linux - Manjaro - 18.0 - GNOME -「tweaks」-「拡張機能」-「Gno-menu」

 「Panel Buttons」タブで
 「Menu button」の「Use label with menu button」のチェックをはずすと「スタート」の「MENU」の文字が消えて、アイコンのみになります。

Linux - Manjaro - 18.0 - GNOME -「Gno-menu」-「Panel Buttons」タブ

 「Menu Layout」タブで
 「メニューレイアウトスタイル」を「compact」にすると、馬鹿でかいメニューが少し小さくなります。
 「Workspace Thumbnails Panel」のチェックをはずすと、メニューに出ているワークスペースのサムネイルが消えます。

Linux - Manjaro - 18.0 - GNOME -「Gno-menu」-「Menu Layout」タブ

 「Apps Grid-List」タブで
 「アプリケーションの標準表示モード」を「List」にすると、メニューの表示項目がリストで表示されるようになります。

Linux - Manjaro - 18.0 - GNOME -「Gno-menu」-「Apps Grid-List」タブ


 変更前がこのような表示で

Linux - Manjaro - 18.0 - GNOME -「Gno-menu」-変更前

 変更後です。

Linux - Manjaro - 18.0 - GNOME -「Gno-menu」-変更後

 まだまだ、大きいのが不満ですが、変更前よりはましかな。
 パネルを下に持って行きたいのですが、それはまだ、方法がわかっていません(2019年3月25日)。