Linux - Manjaro - 18.0 - KDE - 画面のキャプチャをとる - 概要

 
1. 概要

1. 概要

 デフォルトでは「spectacle」というプログラムが、画面キャプチャ用に用意されていますが・・・。  これが、全体のウィンドウはいいのですが、例えば下記のようなアクティブウィンドウのキャプチャをとろうとすると
Linux - Manjaro - 18.0 - KDE - アクティブウィンドウキャプチャ例

 この状態でキャプチャをとると

Linux - Manjaro - 18.0 - KDE - spectacle

 なんだか変な枠がはいっちゃうし

Linux - Manjaro - 18.0 - KDE - spectacle - アクティブウィンドウキャプチャ - 枠がうつる

 「Include window titlebar and borders」のチェックをはずしてキャプチャをとると
 タイトルやなんかがはいらないのです。

Linux - Manjaro - 18.0 - KDE - spectacle - アクティブウィンドウキャプチャ - タイトルがうつらない

 そもそも、わたしが実際の仕事で使用するときも画面のキャプチャなんかは、お客さんに操作説明をするために切り貼りします。
 そのときに余分な枠がついていたり、タイトルが入っていなかったりすると、お客さんに説明しにくいじゃないか。
 なので、開発者さんたちには申し訳ないけれども、こんなもの使えないのだ。

 
 
カウンタバックグラウンド