Linux - Manjaro - 18.0 - KDE - パッケージ管理 Octopi - 概要・起動

 
1. 概要
2. 起動

1. 概要

 パッケージ管理として octopi というソフトがインストールされています。  アイコンは色違いで FreeBSD の octopkg とよく似ています。  GUI の環境は Linux の方が進んでいますので、octopkg が octopi から派生したものかもしれません。

2. 起動

 「スタート」→「アプリケーション」→「システム」
Linux - Manjaro - 18.0 - KDE - スタート - アプリケーション - システム

 「ソフトウェアの追加と削除」

Linux - Manjaro - 18.0 - KDE - スタート - アプリケーション - システム - ソフトウェアの追加と削除

 起動直後の状態です。

Linux - Manjaro - 18.0 - KDE - Octopi - 起動直後

 2018年12月25日時点で、バージョン 0.9.0-5 でした。

Linux - Manjaro - 18.0 - KDE - Octopi - バージョン情報

 
 
カウンタバックグラウンド