Linux - Manjaro - 18.0 - KDE - 基本操作 - ファイルマネージャ

 
1. 概要
2. 表示変更
3. 全ディレクトリ共通に
4. 隠しファイルを表示

1. 概要

 ファイルマネージャは「Dolphin」と言うようです。  「スタート」→「システム」→「Dolphin」で起動します。
Linux - Manjaro - 18.0 - KDE - 「スタート」→「システム」→「Dolphin」

 そもそもツールバーに表示されているので、それをクリックしても起動できます。

2. 表示変更

 デフォルトの表示がこんなんですが。
Linux - Manjaro - 18.0 - KDE - Dolphin - デフォルトの表示

 これがまたアイコンが大きすぎて、わたし的にはいただけないのです。

 「詳細表示」を選択して
 「プレビューを表示」のチェックをはずして

 こんな表示の方が、わたしは見やすいのです。

Linux - Manjaro - 18.0 - KDE - Dolphin - 表示変更後

3. 全ディレクトリ共通に

 上記の設定を行って、他のディレクトリに移動するとまたぞろ、表示が元に戻っちゃうので  「コントロール」→「Dolphin を設定」
Linux - Manjaro - 18.0 - KDE - Dolphin - 「コントロール」→「Dolphin を設定」

 「全般」の「動作」タブで
 「View」の「すべてのフォルダに共通のプロパティを使う」にチェックをいれます。

Linux - Manjaro - 18.0 - KDE - Dolphin の設定

 これを保存して、前項の操作を行えば、全ディレクトリの表示が設定したものに変わります。

4. 隠しファイルを表示

 いわゆる、ドットファイル(ファイルやフォルダの名称が .(ドット)で始まるもの)は、隠しファイルとして扱われ、デフォルトでは表示されません。  表示させるには  「コントロール」→「隠しファイル」でチェックをいれます。
Linux - Manjaro - 18.0 - KDE - Dolphin - 「コントロール」→「隠しファイル」


 
 
カウンタバックグラウンド