Linux - CentOS 6.8 - リポジトリをローカルに作成する

 
1. 能書き
2. ディスクの中身をコピー
3. リポジトリ作成
4. /etc/yum.repos.d/ 編集

1. 能書き

 インターネットに接続できない環境で、yum を扱って、インストールしたりするのにいちいち、光学ディスクをいれたり、出したりするのは面倒なのです。  光学ディスク内にあるリソースをローカルにコピーして、そのリポジトリを扱いたかったのです。

2. ディスクの中身をコピー

 ローカルのリポジトリを作成するディレクトリを /root/repo とします。  root ユーザで

> cd /root
> mkdir repo
> mkdir repo/centos
 光学ディスクをセットして

> cp -p /media/CentOS6.8-Final/Packages /root/repo/centos/.
 DVD1, 2 とも同様にします。

3. リポジトリ作成

 コピーしたリソースより、リポジトリ作成用のコマンドをインストールしてリポジトリを作成します。

> cd /root/repo/centos/Packages
> rpm -ivh deltarpm-3.5-0.5.20090913git.el6.x86_64.rpm
> rpm -ivh python-deltarpm-3.5-0.5.20090913git.el6.x86_64.rpm
> rpm -Uvh createrepo*.rpm
> cd /root/repo
> createrepo .

4. /etc/yum.repos.d/ 編集

 /etc/yum.repos.d の配下にあるファイルを見て、リポジトリを扱っているので /etc/yum.repos.d 配下のファイルをどこかへ退避して /etc/yum.repos.d/centos.repo を作成し、以下のように記述します。

# centos.repo
#

[centos]
name=CentOS-$releasever
baseurl=file:///root/repo/
gpgcheck=0
enabled=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-6
 以降は、yum コマンドを使用する際、直接ディレクトリやファイルを指定しない限りは上記を使用するようになります。