1. CentOS 6.8 - 仮想マシン構築 (KVM) - 概要・インストール

 
1.1 概要
1.2 KVM が使えるかを確認する
1.3 パッケージインストール

1.1 能書き

 またもや事情があって、CentOS 6.8 上に仮想マシンを構築するのです。  しかもマシン事情により仮想化マシンの上に仮想化(Nested Virtualization)します。  仮想化に使用するのは「KVM」なのです。  「KVM」についてはよく知らないので以下のサイトをほぼ、まるまる参考にさせていただきました。感謝いたします。
仮想マシン構築(KVM)」
「CentOS に KVM 環境を構築する

1.2 KVM が使えるかを確認する

 ここは参考サイトと少しだけ違いますが、ゲストの CentOS 上で

> grep -E 'svm|vmx' /proc/cpuinfo > /dev/null &&  echo OK
 とやって「OK」が表示されれば、「KVM」使用可

> grep flags /proc/cpuinfo|grep lm > /dev/null && echo OK
 で「OK」が表示されれば、64ビットで稼働可ということになります。

1.3 パッケージインストール

 参考サイトの真似でやみくもにパッケージをインストールしてみます。

> yum install libguestfs libguestfs-tools libguestfs-tools-c libvirt libvirt-client python-virtinst qemu-kvm virt-manager virt-top virt-viewer
 インストールが正常に終わったら、再起動が必要なようです。