OpenMandriva - 4.0 - 基本操作 - 日本語入力

 
1. 概要
2. インストール
3. 設定
4. 確認

1. 概要

 バージョン 3.03 は、あらかじめ、インプットメソッドが用意されていましたが、4.0 は、インストールされていません。  インストールして、有効化するのには、ちょっと変則的な方法を使わないとわたしにはできませんでした。

2. インストール

 後述する「dnfdragora」で、「fcitx」を検索して、以下のモジュールをインストールします。
fcitx
fcitx-configtool
fcitx-gtk
fcitx-gtk2
fcitx-gtk3
fcitx-qt5
fcitx-ui
kcm-fcitx

 「fcitx-anthy」を、あえてインストールしないのが、変則的なミソで・・・。
 リリースされている、「fcitx-anthy」では、動かなかったのです。


 「anthy」「fcitx-anthy」は、「OpenMandriva 3.0」のものをダウンロードします。


cd ~/Downloads
curl http://abf-downloads.openmandriva.org/3.0/repository/x86_64/main/release//anthy-9100h-25.20110409.3-omv2015.0.x86_64.rpm --output anthy-9100h-25.20110409.3-omv2015.0.x86_64.rpm
curl http://abf-downloads.openmandriva.org/3.0/repository/x86_64/main/release//fcitx-anthy-0.1.1-9-omv2015.0.x86_64.rpm --output fcitx-anthy-0.1.1-9-omv2015.0.x86_64.rpm
 ダウンロードしたものは、ファイルマネージャ「Dolphin」で開いて、右クリック「アプリケーションで開く」→「dnfdragora パッケージインストーラ」でインストールします。

3. 設定

 環境ファイルを設定します。

vi /etc/environment
 末尾に以下の行を加えます。

GTK_IM_MODULE=fcitx
XMODIFIERS=@im=fcitx
QT_IM_MODULE=fcitx
 再起動して、ログインすると、日本語入力できるようになっているはずですが。  切り替わらないときは  「スタート」→「設定」→「Fcitx 設定」
「OpenMandriva 4.0」-「スタート」→「設定」→「Fcitx 設定」

 「入力メソッド」タブで

 「入力メソッドの選択」の候補に「Anthy」があれば、「現在の入力メソッド」に移すだけです。

 「入力メソッドの選択」の候補に「Anthy」がなければ、ここまでの設定に問題があります。

「OpenMandriva 4.0」-「入力メソッドの設定」「入力メソッド」

 これで、日本語入力が可能になりますが、「OpenMandriva 4.0」では、Ctrl+Space のみが切り替えキーになっています。


 わたしは、切り替えキーは、半角/全角 のみにするので、このまま「全般の設定」へ移動して変更します。

「OpenMandriva 4.0」-「入力メソッドの設定」「全般の設定」

 「全般の設定」タブの細かい操作手順は、「デスクトップ環境構築 - 共通事項 - 日本語入力」をご参照ください。

4. キーボード設定

 日本語入力を確認しようとしたら、何故か、他の環境ではほぼ間違いなく、日本語入力できる「mate-terminal」で日本語入力できない。  さすがにこれを調べるのは、面倒なので、コマンド検索欄で、日本語入力できることを確認しました。
「OpenMandriva 4.0」-「日本語入力を確認」


 
 
カウンタバックグラウンド