Linux - OpenMandriva - 3.03 - 基本操作 - 日本語入力

 
1. 概要
2. 入力メソッドの確認
3. 切り替えキー

1. 概要

 日本語入力は「fcitx」「Anthy」がインストールされているのですが、機能しないのです。

2. 入力メソッドの確認

 「KDE システム設定」を起動して  「地域の設定」
OpenMandriva - 3.03 -「KDE システム設定」→「地域の設定」

 「入力メソッド」を見ると
 「Anthy」がリストされていないのだ。

OpenMandriva - 3.03 -「KDE システム設定」→「地域の設定」「入力メソッド」

 で、ここから「fcitx」を再インストールしたり、いろいろとやってみた(実質10時間以上かかっているな、苦労自慢ではなく、馬鹿の証明として)のですが・・・。

 自分でも納得できないオチが。

 あきらめて、「IBus」「Anthy」の組み合わせにしようと・・・。
 「Rpmdrake」で「IBus」「IBus-anthy」をインストールして、設定しようとしていたとき。
 まだ、「fcitx」をアンインストールしていなかったのですが。

 ふと見ると「Anthy」がおるのですな。

OpenMandriva - 3.03 -「KDE システム設定」→「地域の設定」「入力メソッド」「Anthy が見える」

 「mate-terminal」で試してみると、日本語入力が入力できるようになっておる。

OpenMandriva - 3.03 -「MATE 端末」「日本語入力を確認」

 あくまでも推理ですが・・・。
 IBus インストール時に fcitx に欠けているモジュールがインストールされたのではないかと・・・。
 設定は、何もいじっておりませんので。
 さすがにモジュールの差分までは、見る気になりませんので、日本語入力ができたのでよしとします。

3. 切り替えキー

 直接/日本語入力の切り替えは、Ctrl+Space もしくは 半角/全角 キーで行います。  Ctrl+Space を無効にする等、キーを変更する際は  「KDE システム設定」「地域の設定」「入力メソッド」  「全般の設定」タブで行います。
OpenMandriva - 3.03 -「MATE 端末」「プロファイルの編集」


 
 
カウンタバックグラウンド