Solus - 4.0 - GNOME - 開発環境 Eclipse

 
1. 概要
2. インストール
3. 起動

1. 概要

 開発環境として「Eclipse」を使用します。

2. インストール

 「ソフトウェアセンター(solus-sc)」「eopkg」に、パッケージが見当たらないので、手動でインストールします。  まず、「openjdk」を「eopkg」でインストール(「openjdk-8」しかありませんでした)。

eopkg install openjdk-8
 以降 のインストール・日本語化については「Eclipse - Linux マシンへのインストール」をご参照ください。  今回

/home/hogehoge/eclipse/eclipse
 へインストールしました。  日本語化モジュールを

/home/hogehoge/Downloads/
 にダウンロードしたとして、ログインユーザで

mkdir -pv /home/hogehoge/Downloads/pleiades
cd /home/hogehoge/Downloads/pleiades
unzip ../pleiades.zip
mkdir -pv /home/hogehoge/eclipse/eclipse/features
cp -pfR features/* /home/hogehoge/eclipse/eclipse/features/.
cp -pfR plugins/*  /home/hogehoge/eclipse/eclipse/plugins/.

/home/hogehoge/eclipse/eclipse/eclipse.ini
 の末尾に、以下の2行を加えます。

-Xverify:none
-javaagent:/home/hogehoge/eclipse/eclipse/plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar
 手動で、インストールしたので、メニューに組み込まれていません。  これも、メニューへは定義ファイルを作成することになります。  メニューへの組み込みは「デスクトップ環境構築 - 共通事項 - 開発環境 Eclipse」をご参照ください。  ただし、この環境の場合、「/usr/bin」にプログラムが必要なので、root ユーザで次のようにシンボリックリンクを作成します。

ln -s /home/hogehoge/eclipse/eclipse/eclipse /usr/bin/eclipse
 本体のある場所は、それぞれ異なるかと思います。

3. 起動

 「アプリケーション」→「プログラミング」→ 「Eclipse」
「Solus 4.0 GNOME」-「アプリケーション」→「プログラミング」→ 「Eclipse」

 「起動」

「Solus 4.0 GNOME」- Eclipse - ワークスペース選択

 起動直後の状態です。

「Solus 4.0 GNOME」- Eclipse - 起動直後

 2019年6月27日の時点で、下記のバージョンでした。

「Solus 4.0 GNOME」- Eclipse - バージョン情報

 
 
カウンタバックグラウンド